のんびり模型めいきんぐ

ちょっと変わったカーモデルを製作するのが好きです。3Dプリンタで部品を作ったりもします。

タミヤの180SX用アイローネゲートを3Dプリンタで作る② 3Dモデル仮完成、スライサーで変換

f:id:Yusike:20190729221259p:plain

さてタミヤの180SX用アイローネゲートを3Dプリンタで作る、2回目です。

3Dモデル仮完成いたしました!

仮としているのは印刷してみないと結局うまくいっているか分からない為です…

 前回

www.nonbirimaking.com

 

仮完成した3Dモデル

今回の3Dモデルは

  • アイローネゲート本体
  • ウインドウ
  • ウインドウモール

3部品構成にしてみました。

アイローネゲート本体

f:id:Yusike:20190729221325p:plain

アイローネゲート本体にあたる部分です。

ウインドウ

f:id:Yusike:20190729221345p:plain

ウインドウ部です。

裏からはめ込む形にしてのりしろを設けました。(モデルだとのりしろが大きく見えますが実際は大きくないです、3Dモデルマジックですね笑)

ただウインドウは透明にしたいので別途、3Dプリンタ用の透明のレジンを買うか、シリコンで型取り透明レジンで複製するかで考えています。

ウインドウモール

f:id:Yusike:20190729221435p:plain

モールは直接ウインドウに貼りつける前提で作りました!

スライサーソフトで編集

f:id:Yusike:20190729221528p:plain

今回もスライサーソフトはChiTuBoxを使いました。

スライサーソフトに取り込みをして

f:id:Yusike:20190729221259p:plain

サポート材となる部分やプリンターの種類、印刷速度などを決めます!

これでモデルは完成です。

そして印刷といきたい所ですが今日はちょっと印刷できないのでまた次回で!笑

最後に

余談なのですがFreeCADでのアセンブリワークベンチが(モデルを組み立てるコマンド)うまく動かず、アセンブリをすることが出来ませんでした…

本格的に3DCADを見直す時が来たかもしれないですね…笑

では今回はここまで!

次回

www.nonbirimaking.com